青汁に含まれているマグネシウムの効果について

青汁に含まれているマグネシウムの効果について

青汁は野菜不足を解消してくれると言う効果が期待出来る健康補助食品です。 苦味や青臭さと言うものがあり、飲み難いというイメージが定着していますが、良薬は口に苦しとも言える事からも、この苦味や青臭さと言うものは、健康のためと思えば苦になりません。 とは言うものの、最近の青汁は飲み易い商品が多くなっていますので、このイメージとは異なるとも言えるのです。

青汁には色々な健康効果を期待する事が出来ますが、これは利用されている原料によっても違ってきます。 栄養を得る事で、野菜不足を解消できるわけですが、その栄養の1つにマグネシウムが有ります。マグネシウムの効能とはどのようなものがあるのでしょうか。マグネシウムは、人間の体内で必要とされるミネラルの1つになります。

青汁にも、この成分は含まれているのですが、不足することで骨が弱くなって骨粗鬆症に発展する可能性があります。カルシウムは骨を作ると言われる栄養素ですが、実は骨を作るためにはカルシウムと同じ量のマグネシウムが必要になるのです。 そのため、骨を作るのだ、と言ってカルシウムばかりを摂取しても意味が無いわけです。

どの青汁を飲めば良いのか迷っている人は「青汁自腹で突撃!(http://www.aojiru-jibara.com/)」を見てみるとよいかもしれません。飲みやすさや入っている栄養素別に分けられているので目的の青汁を見つけやすくなっています。

イライラする症状、うつの症状、そして集中力が低下する症状が起きると不足しているともいえます。 また、不足する事で、不整脈や心臓発作などが起き易くなると言います。血管壁にカルシウムが沈着する事で、動脈硬化や高血圧になりがちです。 しかし、マグネシウムを補う事で、沈着することを防いでくれますので予防にもなるのです。

また、自覚症状として起きる事は、先ほども説明をしたような、イライラやうつ、集中力低下と言う事になりますが、これ以外にも手足が痺れたり、ふるえや痙攣などが起きる場合も、マグネシウムが不足している可能性が高いとしています。 尚、一日に必要な摂取量というのは、成人男性の場合ですと280~320mg、女性の場合ですと240~260mgだと言います。